小説

私が彼女に出会ったのは夏の終わりで、 彼女は私の通う大学の研究員だった。 私が研究室に資料を取りに行くと、彼女は、昨日発掘されたばかりの飛鳥時代の美術品についた土を、リスの毛のブラシで、長いまつげを伏せてはたはたと落としていた。 目が合うと、…